MacBook・MacBook Proを買おうと思わない理由。iMac買った方が良い。

MacBookの何が良いのかって?まず、カッコ良さですね。誰が何を否定しようとカッコいいものはカッコいいです。
色域がP3に対応した鮮やかなディスプレイにクールなキーボードの配列。美しく削り出されたアルミニウムボディ。ノートブックとしては完璧な製品なのではないかと思います。モデルによってはタッチバーというMacBookにしか無いインターフェースが搭載されていたり、すべてのポートがUSB-TypeCだったりと、謎の可能性という魅力もつまってます。
個人的にMacBookはそんな魅力的な製品に見えるのですが「欲しい!」と思ったことはありません。なぜ、Apple好きの自分がMacBookを欲しいと思わないのかまとめてみました。

スペックと価格のバランスが釣り合わない。

MacBookは他の製品と比べて、性能と価格のバランスが取れていないのが悩みどころです。今回はコストパフォーマンスの良いiMacと比較していきます。

MacBook Pro iMac
価格 ¥142,800 (税別) ¥142,800 (税別)
CPU 2.3GHz 2コア 3.0GHz 4コア
メモリ 8GB 8GB
グラフィック Intel Iris Plus 640 Radeon Pro 555
ストレージ 128GB SSD 1TB HDD

MacBookは一番価格の安いモデルでも14万円以上します。因みにこの「14万円」はWindowsでいう所のゲーミングPC並みの価格に相当するのですが、MacBook Proではストレージが128GBだったり、グラフィック&CPU性能が普通レベルだったりと「14万円」のパソコンとしては価格のバランスが全く取れていない感じです。

このスペック。普通にパソコンとして使う分には問題ないですが、動画編集や写真編集をするならもっと性能の高いマシンを選んでおく必要がありそうです。その場合、価格も上乗せして高くなるので、「本当にこのMacを買う価値はあるのか?」と考えてしまいます。

因みに、CPUもストレージもグラフィック性能も十分のMacBookが欲しい場合は、15inchのモデルを選ぶ必要があり、これは最低でも25万円~となっております。

Apple「いらっしゃいませ~」

上の表では同じ価格のiMacとMacBook Proを比較してみました。表には書いてありませんがiMacには4Kの10億万色に対応したディスプレイを搭載しており専用のGPUも搭載されています。表をみればその差は一目瞭然でiMacの方が現実的なコストと実用的な性能を実現しています。さらにこのiMacに「SSD」と「メモリー」をカスタムすれば「18万円程」で、先ほど紹介した15inchのMacBook Pro(25万)と同等の性能を手に入れる事ができます。これほどパワーがあれば動画編集や写真編集もゲーム余裕で行えます。

持ち運ぶか?基本家で使うのか?その用途に合わせてMacを選んだ方が良さそうです。

キーボードに不具合を抱えている

MacBookには新しいバタフライ構造のキーボードが採用されています。以前のパンタグラフ型の構造に比べて、省スペースで安定した入力体験ができます。見た目も非常によくMacBookの特徴的なキーボードですが、このキーボードに致命的な不具合があることが発覚しました。

不具合は、キーボードのストローク幅が狭すぎて、キーの間に埃やゴミが入り込んだ場合にキーの入力が効かなくなるというもの。キー隙間に多少の埃やゴミが入り込んでしまうというのは避けられない事で、本来であればこうした負荷にも耐えられる設計である必要があります。これは、設計に欠陥があると言っても過言ではないレベルです。

Appleはこの問題に対して対処方法を発表しましたが、問題を解決できたユーザーはごくわずかでした。キーボードに致命的欠陥があった事をまだ認めてはいません。

グラフィック性能がモバイル端末に追い抜かれている。

グラフィック性能がモバイル端末に追い抜かれているというのはベンチマーク結果により明らかになっています。

先ほど述べたように、普通のパソコンの使用用途であれば気にする事はありませんが、高度な画像編集ソフトや動画編集ソフトを使用する場合このGPUのパワーは欠かせません。

グラフィックチップの性能の進化は今も進んでおり、それに合わせてソフト側も進化し続けています。今度、このMacBookが技術的な進化についていけるのか?すこし心配です。

また、上の画像は、歴代iPadの性能比較ですが、GPU(右)の成長が一気に上がっています。単純に計算すると、2~3年で倍の性能に進化しています。しかし、MacBookに搭載されているIntelのGPUは技術的な問題を抱えているのか、性能の向上があまり見られません。モバイル端末とパソコンは、単純に比較して評価されるものではありませんが、ここまで差を付けられると心配になります。

モバイル製品には消耗品が含まれる。

MacBookはスマートフォンやタブレットと同様にバッテリーを搭載しているので、充電と放電を繰り返すうちに劣化していきます。Appleの保証以内の2~3年の使用であれば問題無いそうですが、それ以上使う場合バッテリーの持ちを悪く感じる可能性があります。

もちろんAppleに持ち込むことで、バッテリーの交換サービスを利用できますが、その頃にはMacBookの保証期間が過ぎているので少々高額になるかもしれません。一方、iMacはバッテリーを気にせずどれだけでも使う事ができます。

他にも、使えば使うほど、キーボードがすり減ってきたり、本体に傷がついたりと、、劣化する箇所が出てきます。これは持ち運びに特化したノートパソコンの宿命なので仕方ない事ですが、14~25万円する高級品がたった数年でボロボロ劣化していくのは見てられません。

iMacであれば基本持ち運ぶ事もないので清潔な環境で使えば、傷がついたり、ボロボロになっていくことはないでしょう。キーボードやマウスといった消耗品は劣化しますが、当然本体と分離しているので後で買い直す事が可能です。

以上が個人的にMacBookを欲しいと思わない理由です。

iMacについて知っておきたいこと | iMacの良い所

2018年5月28日