Apple IDアカウントを完全に削除して退会する方法

この記事では、Apple IDを完全に削除してアカウントを退会する方法を解説していきます。これまで、Apple IDは退会処理する事が不可能でしたが、今年に入りようやくWebサイトから退会する事が出来るようになりました。

これから詳しく説明していきますが、本記事で解説する「削除のリクエスト」は、Apple ID のすべての情報を完全に削除してアカウントを退会する事が可能です。では早速見ていきましょう!

アカウントが削除されるとどうなるか?

Apple IDを退会すると、Apple IDに登録されたすべての情報は完全に削除され、Apple IDで提供される全てのサービス・機能を利用する事が出来なくなります。

Apple IDで提供される全てのサービス

つまり、iTunes、iBooks、及びApp Storeで購入したアイテムにアクセス出来なくなり、iCloudに保存されている写真、ビデオ、書類等も完全に削除されてしまいます。また、iMessageやFaceTime、およびiCloudメールでお客様のアカウントに送られるメッセージを受信できなくなります。

※iPhoneアップグレードプログラムに登録されている場合は、デバイスの支払いは継続されます。

※削除しても、修復または、Apple Storeの注文はキャンセルされません。ただし、Apple Storeでスケジュールした予約はキャンセルされます。また、アカウントを削除されると、Apple Careで実行中のサービスは完全に閉鎖され利用できなくなります。

アカウントを削除する前に

アカウントの削除は永続的な処理です。アカウントを削除する前に、データのコピーやバックアップアップを作成しておくことをお勧めします。

Apple IDの削除方法

Appleの公式サイトの「データとプライバシー」にアクセスして、削除する「Apple ID」でサインインします。

データとプライバシーのサインインの画面

「データを修正」するか「アカウントを削除」するか項目が表示されるので、アカウントを削除の方の「開始する」をクリックします。

データとプライバシー データの管理

「アカウントの削除」に関する注意事項が表示されます。アカウントを削除の理由を選択して、「次に進む」を押しましょう。

データとプライバシー アカウントの削除

※アカウント削除に関する理由を答えたくない人は「回答しない」を選択します。

データとプライバシー 削除理由

すると次は「アカウントの削除」に関する確認事項が表示されます。要点を確認して「次に進む」をクリックします。

データとプライバシー アカウントを削除の確認事項

削除の利用規約が表示されます。「同意します」にチェックをして「次に進む」をクリックします。

データとプライバシー 削除の利用規約

削除するアカウントの状況を取得するための連絡先を選択します。メールアドレスや電話番号を選択できます。選択したら「次に進む」をクリックします。

データとプライバシー 連絡先設定

12桁のアクセスコードが与えられます。これは、Appleサポートで本人確認を行う唯一の方法となります。コードを控えて「次に進む」をクリックします。

データとプライバシー アクセスコード

先ほど、控えた「アクセスコード」を入力して「次に進む」をクリックします。

データとプライバシー アクセスコード入力確認

アカウントの削除の最終確認がされます。ここで「アカウントを削除」を押すと、Appleにアカウント削除のリクエストが送信されます。

アカウントを削除」を押します。

データとプライバシー アカウントの削除 最終確認

これでアカウントの削除のリクエストが完了しました。処理には最大で7日間かかるとの事です。

アカウントの削除を処理中ですの画面が表示されます。「サインアウト」をクリックしてください。

データとプライバシー 削除の処理中の画面

お疲れ様でした。

Apple IDが削除されたら

一週間後にAppleからこんなメールが来ます。

AppleID削除完了のメール

リクエストの際に取得した12桁のアクセスコードを破棄してほしいとの事です。

Apple IDにクレジット残高があってアカウントを削除出来ない時の対処方法

2018年10月17日