iPadmini5についてAppleはどう考えているのか?

このサイトの管理人(名前がない)は、iPad mini がとても大好き。薄くて、軽くて、コンパクトなのにPCライクな事ができる。これこそタブレットの核心だと思っています。どんなに良い機能が搭載させていても物理的に大きければモバイル端末としての価値は半減してしまいます。空気抵抗の大きそうなiPadの何が良いのでしょうか?ね。

この iPad mini という製品。2015年に発売してから1度もマイナーチェンジされておらず、ずっと放置(販売)されているので「消えるのではないか?」と多くの人に心配されています。最近のiPadの話題といえば、iPad Proや、iPhoneの事で持ちきりで、miniを愛用している人からすれば、Appleから見捨てられた感があります。強く感じます。

今後、iPad mini シリーズの行方はどうなっちゃうのでしょう?

miniシリーズが無くなる噂はずっと前から存在した

ipad mini 3 の画像

実は、この「miniシリーズ」が無くなるという噂は、iPad mini 4 が発売される前から存在していました。

当時「mini 3」は、性能がアップデートされる事無く mini 2 据え置きという形でした。さらに同年にはディスプレイが大型化されたiPhone6が登場しており、一部の mini ユーザーは、画面の大きなiPhone 6 Plusに乗り移るという現象も起きていました。

「AppleがiPad mini を消そうとしている」と噂されるようになったのはこの頃からです。次の年には性能が向上し薄型化された iPad mini 4 が発売されましたが、Appleイベントで持ち出される事もなく”ひっそり”と発売された事から、Appleへの不信感がさらに高くなります。

それから3年経った今。iPad miniに対する希望の欠片もないような状態ですが、新しいminiのを望む声は消えてはいません。

miniが消えない理由・mini5が登場する可能性

私は、Appleから「mini」が消えてしまう事は”無い”と考えています。(↓過去にもそうした記事を書いていた。)

iPadminiシリーズの行方はどうなるの?mini5は発売されるのか?

2018.06.01

で、今更iPadmini4を購入しても問題ないのか?

2018.06.20

消えない!」と言える理由として、大きなシェアを獲得しているminiを消してしまうと、大勢のiPadユーザーを失ってしまい多くのユーザーから避難されるという点が挙げられます。miniを愛用している人は、このサイズに拘りがあるので安価で手頃なAndroid端末に乗り移る可能性も考えられます。タブレット端末を使ってくれるユーザーが少なくなるというのはAppleにとって大きな損失に繋がります。

iPhone ESの画像

iPad mini 4 より遅く出て、早く消えたiPhone ES

またAppleは、今後無くなるだろうと言われていた4インチの「iPhone5」をマイナーチェンジして「iPhone SE」を販売した実績もあります。SEを出したことに関して、Appleは「4インチのiPhoneは人気があるから継続してリリースした」と言ってました。

このようにAppleはユーザーの事を考えながら現在製品のラインナップを作っているので、iPad mini も同じ流れで「消えることはないだろう」と考えていました。

時間が経てば、iOSも新しい端末に対応していくので、Appleもしぶしぶ 「mini 5」 を出す・・・。というわけです。

Appleはminiに対してどう考えているのか?

iPad mini はとくに不人気という訳でもなく大勢のユーザーから支持されています。では、なぜ Apple は iPad mini を更新しないのでしょう?

大きな理由として「新しいスタイルを確立したいから」というのがあります。

iPhone Xs Max の画像

現在、Appleでスポットライトを浴びている製品には新しい技術が詰め込まれています。例えば、顔認証やApple Pencil、最先端のニューラルプロセッサなど。とても魅力的で購買意欲をそそられます。一方でこうした新製品たちは「最先端の技術」を生かした新しいスタイルが確立しておらず、まだまだ理解されていないという状況にあります。

例えば、「iPhone X」は10年先を行くスマートフォンとして開発されましたが、全画面ディスプレイや顔認証、AIの技術が具体的にどのように使われるのか分かっていません。「iPad Pro」は、未来のパーソナルコンピューターとAppleは言っていますが、デスクトップOSと比べると機能が劣っているようにも思えます。

これは、Appleが滑っているわけではなく、将来的に成功する見込みのある技術を早い段階で採用することで、新しい価値やスタイルを生み出しユーザーに定着させ、強力なブランドと莫大な利益を狙う Apple の戦略の1つなのです。

iPad(初代)を発表するスティーブ

iPad(初代)を発表するスティーブ 2010年

その為、使用スタイルが定着した「miniシリーズ」をラインナップに投入してしまうと、新しいiPhoneシリーズや、新型のiPadの売れ行きやブランドの固定化に少なからず影響を与えてしまいます。なので、iPad mini は見送られた形になっているというものです。

ティムクックCEO「あなたが大きなスマートフォンが欲しいと考えているなら mini を欲しいと思わない事についてよく知っています。」

また、miniをアップグレードするという事は、他より安価で手頃な製品を提供してしまう事に繋がってしまいます。ユーザーの考えを新しいiPhoneやiPadに向けるためにも、miniのマイナーチェンジは慎重に計画的されているのかもしれません。

Appleは製品のラインナップを管理する事で、ユーザーの選択肢を制御しようとします。しかし、限られた製品の中で「どれ」を選ぶかはユーザーの意思になります。

今後、iPad miniが本当に無くなってしまうならそれは「仕方ない」ことです。Apple好きとして言うのもアレですが、Android の7インチタブレットを買うというのも方法の1つかもしれません。

Appleが10月30日にイベントを開催するらしい。新型iPadPro発表に期待!

2018.10.19

iPadmini5のスペック予想 「A10」搭載でネーミングは「iPad mini」か?

2018.10.26