iPadmini5のスペック予想 「A10」搭載でネーミングは「iPad mini」か?

もし、今シーズンに新しい iPad mini を出すなら、どんなスペックになるのでしょう?

iPad mini を追い続けてきた物として非常に気になるところです。今回の記事では、AppleのiPad歴を振り返ることで、どんなスペックで発売されるかざっくりと推測していきます。

mini5 は2013年発売した「mini3」のデザインを採用。

iPad mini 4 の写真

iPad mini 4は、筐体が6.1mm、重量は僅か300g を切っています。Apple史上ipad mini 4ほど、薄くてコンパクトな製品はありません。

しかし、残念な事に新しいiPadmini5には、筐体が7.5mm、重量は331gもある、iPad mini 3 のデザインが採用される可能性が高いです。

タッチパネルの品質が低下する

iPad Air 2 のフルラミネーションディスプレイの画像

ipadmini4には、画面のクオリティを高めるため、「フルラミネーションディスプレイ」という技術が採用されています。(iPad Proにも採用されている。)基本的にスマホやタブレットの画面には、「ガラス」「タッチセンサー」「液晶パネル」の3枚の層で構成されています。

フルラミネーションディスプレイは、この3枚の層を1つに統合する事で、画面をクリアにコンパクトにする事ができます。しかし、iPadmini3(古いモデル)にはこの技術が使われていないためタッチパネルと液晶画面に厚みができ、反射率が低下する事が予想されます。

つまり、画面のクオリティが下がり、重くて、厚みのあるiPad mini になってしまいます。

以前から、mini4を使っている人からするととても残念なことです。

なぜグレードダウンするのか?

AppleがiPad mini をグレードダウンする理由として、Proと無印、製品の差別化を図るためと考えられます。

iPad mini には歴史がり大勢のユーザーのお墨付きをもらった「完璧」な製品です。単純なはなしですが、ここに ”完璧な製品” をだしてしまうと「iPad Pro」や「iPhone Xs」のブランド価値を下げてしまう恐れがあります。少なくとも何らかの形で影響を与えてしまうのは確かです。

もちろん、技術的には「もっと薄く、ハイパフォーマンスな iPad mini」を作り上げる事は可能です。しかし、他の製品の影響してしまうため、iPadminiの進化はここで頭打ちになってしまいます。

プロセッサは、A10を採用

mini 5を出す目的は、プロセッサを新しくする為でしょう。Appleとしては「mini」に対する情熱がないので放置してても良いくらいなのでしょうが、iPadmini4をそのまま販売していると、今後のバージョンアップや新しい技術についていけなくなります。

実際、iPadmini4に対応していない画像編集アプリやARアプリは増えています。当然、iPadmini4が使い物にならなければユーザーからの大きな反感を買う事にもなります。

貴重なiPadユーザーを維持させるためにも、アップデートは行う必要があるのです。

Apple A10 Fusion

さて、気になるスペックの方ですが、プロセッサーは「Apple A10 Fusion」と予想されます。

なぜ、A10 Fusionなのかと言うと「まぁ、そこそこ」の速さの良いチップだからです。

A10 Fusion プロセッサ には2つの高速コアと、2つの省電力コアが内蔵されており、バッテリー容量の少ない iPad mini には最適です。さらにA10には新しいコーデック・画像処理エンジン・AR(拡張現実)機能がサポートされているので、これさえ搭載してしまえば今後数年は性能面が保証されます。また、このプロセッサーは2018年のiPad 9.7インチモデルにも採用されているので、搭載される可能性が非常いと考えられます。

ApplePencilは非対応

 

Apple Pencil

Apple Pencil の対応。基本的に対応しないのでは?といった声が多いです。

個人的な意見として、iPadすべてをPencilに対応させれば、開発が進んで多くの人に普及すると思うのですがね。

iPadminiがPencilに対応してしまえば、世界で一番コンパクトなスタイラス対応タブレットとなってしまいます。今までの考えを覆すものになります。

Appleの基本思想的にも、miniに対応する考えがなさそうなので、期待は出来ないです。

スタイラスは対応しないースティーブ

スタイラスは対応しない

iPadmini5のネーミングは「iPadmini」になるかも

ネットでは、iPadmini5 の噂で盛り上がっていますが、もし私の予想通りグレードダウンされるなら、名前は「mini5」ではなく「iPad mini」になる可能性があります。

理由として廉価版の9.7inchのiPadが「iPadAir3」や「iPadAir4」として売られていない点にあります。数字が上がっているのに、端末がダウングレードしていたら変ですからね。

「これが、我々が発売する新しい iPad mini だ。」という事で、ナンバリング式のネーミングは廃止されると予想されます。

Appleイベント2018では発表されず、ひっそりと販売される?

今年の秋にAppleのイベント発表される噂がありますが、発売されてもイベントで iPad mini について触れられる事は無いと思います。

過去を振り返ってみると3年前に「iPadmini4」が出た時ですらスルーされてました。理由として iPad Pro は発表の直前だったので外されたのだと思います。

私の様にiPad mini を追い求めている人は情報をこまめにチェックしているし、わざわざ発表する必要も感じられません。

Appleとしては、iPhone Xのような全画面ディスプレイを搭載した新しいiPad Proや、Appleのワイヤレス充電マットと発表したいのでしょう。

本当にmini がダウングレードされちゃったら?

もしも、本当にiPad mini がダウングレードされてしまったら、敢えて「mini 4」を買うというのも1つの方法です。他の製品と比べて性能は下がってきていますが、重たいアプリを使わなければ、快適に使える端末です。Webブラウジングやメール。基本的なアプリなら軽く動きます。何よりも、端末が軽くて薄いので文句なしです(笑)

個人的に「整備品」で安く買うのがお勧めです!メリットや注意点をまとめておいたので気になる人は見てください。

MacやiPadを格安で購入する方法|Apple認定整備済製品とは?

2018年7月10日

また、mini 4の性能が気になる人はこちら↓

で、今更iPadmini4を購入しても問題ないのか?

2018年6月20日

自分なら、「mini 5」と「mini 4」どっちを買うだろうか。スペックも重視したいし、軽くて薄い端末も魅力的。とても悩む。

そんなところです。この記事で予想されたことは、あくまでも私の予測なので。真に受け止めない方がいいでしょう。

予想をいい意味で裏切って最高の端末が出てくれることを願います!

iPadmini5についてAppleはどう考えているのか?

2018年10月25日