今日ここに21万円のiPadProが誕生した。新型 iPad Proの価格比較。

iOSデバイスといえば、曲線的な丸みを帯びたデザインですが、今日AppleスペシャルイベントにてiPhone4や5のような「角」のあるデザインの新型iPadProが発表されました。iPadシリーズの中でも比較的大きなアップデートだったのではないかと思います。

個人的に大きなiPadにあまり魅力を感じない方なのですが、進化したApplePencilにUSBtype-C。高速化したプロセッサー「A12X Bionic」に新しいセンサーが搭載されたと聞いてiPadがパソコンに近づくのを感じました。正直、欲しくなりましたね。

USB Type-C があればーーー

直接カメラを接続したり、楽器につなげたり、モニタにつなげたり、iPhoneを充電したりも出来る!

今までAppleは iPadPro を「新しいパソコン」とうたっていました。しかし実際、タブレットという枠を超えることが出来ていなかった為、非AppleユーザーやAppleを良く思わない人から白い目で見られていました。しかし、今回の発表を聞いて新しいパソコンの未来がチラッと見えたのでは?と思いました。

この勢いでiPadにMacOSを搭載してほしいです。

2018 WWDC にて

Appleは2018年のWWDCで、macOSとiOSは統合することは無いと断言したので、iPadがMacになるという訳ではありませんが「iOS」が新たなパーソナルコンピューターとしての新しいスタイルを確立していくという事でもあります。これからiOSの発展も止まることなく前進していくと予想されます。

今後が楽しみです。

価格比較

と言う事で長くなりましたが「新型 iPad Pro 2モデル」、「iPad 10.5インチ」の価格の比較表です。

12.9 インチiPad Pro 11 インチiPad Pro 10.5 インチiPad Pro
Wi-Fiモデル
64GB 111,800円 89,800円 69,800円
256GB 128,800円 106,800円 86,800円
512GB 150,800円 128,800円 108,800円
1TB 194,800円 172,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 128,800円 106,800円 84,800円
256GB 145,800円 123,800円 101,800円
512GB 167,800円 145,800円 123,800円
1TB 211,800円 189,800円

今回、初めてiPadに1TBモデルが追加されたため20万円超えする製品も出てきました。512GBと1TBには約5万円の差があるので、一眼レフカメラで撮影した映像を動画編集ソフトで編集するようなプロ向けと思われます。

追記:64~512GBのiPad Pro のRAMは据え置きの4GBですが、1TBモデルには「6GB」搭載されている事が分かりました。なぜ1TBモデルだけに6GBもRAMを割り振っているのでしょう?理由は謎です。RAMの容量は将来的にアプリを快適に使えるかが関わってくるのは確かです。(個人的に全モデル6GB搭載にして欲しかった)

一般人には手が出せないような価格設定ですが、新たな選択肢が増えたのはいいことなのではないかと思います。

総合的に考えて個人的にですが、11インチの256GB Wi-Fiモデルが丁度良いのではないか?と思いました。また「新型 Pro」が出たことにより、10.5インチの旧Proがお買い求め安い価格になっています。(13インチモデルは廃止された模様)